Rie

Akagi

Rie Akagi Official WebSite
Last Up Date2017 Jan.19
赤木りえ、フルートレッスン,フルーティスト,カリビアンフルート

PROFILE

赤木 りえ(Akagi Rie)
(フルーティスト)
カリブ海と日本を拠点に両地域で活躍するカリビアンフルートの第一人者。
両地域の文化交流を積極的に展開し、その功績が高く評価され、
2005年にはプエルトリコのユネスコから表彰されている。
03年、08年には自身のグループを率いてのカリブ海ツアーを敢行し大きな評判を呼んだ。
グラミー賞受賞ピアニスト、ミシェル・カミロとのデュオ2曲を含む『カリビアン・フルーツ』(07年)に続き、09年に15作目となる『フルーツ・ジャムfeaturing赤木りえ』を発表。
2012年8月、プエルトリコの「カロリーナ・インターナショナル・ジャズフェスティバル」に出演し、
オープニング・ナイトのメイン・アクトをつとめ、10000人の観客から喝采をあびた。
2014年10月16作目で全曲プエルトリコ録音「カフェ・コン・レチェ」を発表。
またここ数年は後進の育成にも力を注ぎ、各地でのフルート・クリニックや吹奏楽の指導を積極的に行っている。
NHK「歴史秘話ヒストリア」「花子とアン」などのフルート演奏でも知られている。
東京藝術大学 器楽科(フルート専攻)卒業

New Album


赤木りえ、フルートレッスン,フルーティスト,カリビアンフルート

赤木りえ 「Café Con Leche/カフェ・コン・レチェ」
魔法のフルートはミルク・コーヒーの味、カリブ海の笑顔、届けます!!

  • 2012年、プエルトリコのカロリーナ・インターナショナル・ジャズ・フェスティヴァルのメイン・アクトを務め、
    1万人の観客を熱狂の渦に巻き込んだカリビアン・フルート第一人者、赤木りえの5年ぶりの新作。
  • アルバム・タイトル 「Café Con Leche」(カフェオーレの意)とあるように、カフェやバルのBGMにもピッタリな
    レトロな洒脱さを漂わせながら、マニアを唸らせるハード・コアさを湛えるのが隠し味。
  • 録音はサルサ/ラテン・ジャズの本場、プエルトリコ。
  • 全曲、50年代~80年代を代表するサルサ/ラテン・ジャズ・クラシック。軽快なマンボから、アフロなボンバまで
    カリブ海音楽の多彩さを凝縮。ボレロで奏でる<ソンブラス・ナダ・マス>(エクトル・ラボーの愛唱歌)は、
    「奇跡の演奏」と言われる程に現地で高い評価がすでに寄せられている。
  • 全曲、デスカルガ(ジャム・セッション)。もち論、オーヴァー・ダビングなしの一発録音。オールド・スクールな
    ライヴ感と躍動感、そしてカリブ海風味が満点。
  • プロデューサーはニューヨーク・サルサ黄金時代の立役者、ルイス“ペリーコ”オルティス
  • ボンバの家元、ヘスス・セペダを初めとして、パブロ・ロサリオ(ラリー・ハーロウ楽団、モンゴ・サンタマリア楽団)、
    ダビー・クーバ(ヒルベルト・サンタ・ローサ楽団)、イスラエル・セデーニョ(ソノーラ・ポンセーニャ)等、
    70年代から活躍するヴェテラン勢が参加。
  • ラテン~サルサ・ファンからは、日本での第一人者として高い支持を保ち続けています。
  • その他では近年、コンクールの審査員やTV出演等で吹奏楽の指導者としても確たる存在となっている事から、
    アドリブ嗜好の強い一般フルート愛好家や吹奏楽演奏者からの支持も高くなっています。
  • またNHKの『歴史ヒストリア』『花子とアン』の中で流れるフルートも担当。
  • さらに、アニメ音楽で絶大な人気を誇る梶浦由紀のコンサートにも度々参加。そちらのファンにも熱狂的な支持を
    受けています。

    - 曲目表 -
    1. ママ・グエラ Mama G ela (Tito Rodr guez)
    2. フィエスタ・ア・ラ・キング Fiesta A La King (Tito Puente)
    3. イノルビダブレ Inolvidable (Julio Guti rrez)
    4. ソンブラス・ナダ・マス Sombras Nada M s (Francisco Lomuto /Jos Mar a Contursi)
    5. センティミエント・デ・ウン・ラティーノ Sentimiento De Un Latino (Luis “Perico” Ortiz”)
    6. アフロ・ブルー Afro Blue (Mongo Santamar a)

    - メンバー -
    Rie Akagi(Flute)
    ngel David Matos(Piano)
    Israel Cedeno Jr.(Bass)
    Pablo Rosario(Bongo, Cowbell, Pailitas, Cua & Minor Percussions)
    David Rosado Cuba(Timbles, Bomba Maraca & Minor Percussions)
    Gadwin Vargas(Conga & Minor Percussions)
    Guest artists ;
    Jesus Cepeda and his Traditional Bomba Drum emsemble
    Eduardo Reyes(Accordion)
    Produced by Luis “Perico” Ortiz & Akira Hara “Bombazo”
    Musical Director & Conductor : Luis “Perico” Ortiz

    What's New

    2017 Jan.19

    ●3月末に長崎県諫早にて、吹奏楽講習会に講師として参加します。
    ●5月16日 大阪 ザ・シンフォニーホールで「The Symphony Hall Big Band」 コンサートにゲスト出演が決定しました。

    Greetings

    寒中お見舞い申し上げます。

    皆さまお変わりありませんか?
    昨年は本当にたくさんの方々から応援いただき、
    とっても幸せな一年でした。
    ありがとうございました。

    いろいろあったなぁ・・・・
    暮れには10年ぶりにインフルエンザにかかってしまい、
    大分の病院に3日間入院するという、すごい経験を・・・
    そして2回残っていたライブは出演できませんでした。
    そんなとき、人の暖かさを感じるんですね。
    ライブには出演できず、ご迷惑をおかけしましたが
    メンバーに加え、地元のフルーティストの皆さまが
    盛り上げて下さり、お客様もたくさんいらしていただき、
    私は涙が出るほどうれしかったです。
    そして大分では、すぐに入院できる病院をご紹介いただき、
    本当に助かりました。ありがたかったです。

    その後も暮れからお正月にかけてバタバタ続き・・・
    HP更新がこんなに遅くなってしまいました。
    申し訳ありませんでした。

    今年もいろいろ企画中!!
    たくさん出没しますので、皆さまぜひぜひいらしてくださいね。

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。


    赤木りえ

    Facebookをリニューワルしました。